WSLC-22・WWLC-22 日本応用光学(株) Beamax
  照明データ 更新 15.09.25
 
ウォールウォッシャの照射面は、FPCやMFLC-22などのように縁がはっきり出ません。
中心照度の1/2になる位置を照射面直径1/2、1/3になる位置を照射面直径1/3 として示します。
この値は前筒形状のスポット(S)とウォールウォッシャ(W)に依らず共通です。
型式の二文字目が前筒形状を表すSかWになります。
1mから6mまでの投影距離に対する中心照度と照射面直径1/2、同1/3は次のようになります。
 
レンズ 投影距離 m m m m m m  
 
スタンダード(30º)照射面直径1/2 m m m m m m  
WSLC-22S
WWLC-22S
1/3 m m m m m m  
中心照度 lx lx lx lx lx lx  
 
ミディアム(22º)照射面直径1/2 m m m m m m  
WSLC-22M
WWLC-22M
1/3 m m m m m m  
中心照度 lx lx lx lx lx lx  
これ以外の距離の照度と照射面の直径は、次の表を使って計算して下さい
 
「投影距離」(0.5mから8mまで)を入力し 「計算実行」をクリックすると、
照射面直径1/2・照射面直径1/3中心照度を計算します
 
投影距離m
 
スタンダード 照射面直径1/2 m 照射面直径1/3 m 中心照度 lx
 WSLC-22S WWLC-22S
 
ミディアム m m lx
 WSLC-22M WWLC-22M

この計算は壁や床などの照射面に向かって垂直に投影するという条件で行っています。
照射面に対して斜めに照らした場合は、照射面は楕円となり照度は下がります。
照度は目安となる値で、LEDによってもかなりのばらつきがあります。
また入力電圧の低下、レンズの汚れなどにより、また寿命末期には大きく下がります。